あんな大人になりたい | あぁ、楽しや木版画!

2019/02/21 11:26

この間、恵比寿で道を教えてくれた女性がとても素敵でした。

駅から遠くはないはずだけど裏道に入ってしまい、方向がわからなくなってしまいました。普段ならGoogle Mapを開きますがここは人に聞いた方が早いと思い、ちょうど前のほうから歩いてきたのがその女性。

私より少し年上そうな人で、髪はボブだったかショートだったか、とにかくベレー帽のようなものをかぶっていて。カジュアルでありながら小綺麗な感じ。笑顔というほどではないけれど楽しそうな清々しい表情で、いかにも気持ちの良さそうな人でした。
「すみません、駅ってどっちですか?」と聞くと、立ち止まって「恵比寿?」と聞き返すその声がまた溌剌として淀みのない通る声。「はい」と応える私に「駅ならこのまま歩くと着くよ(ニコッ)」と来たほうを指差しました。すごく爽やかで。子供にでも話すような口調だけど、なんていうか全く違和感がなくどちらかというと人類みな兄弟という感じ。じゃ、またね!とでも言わんばかりの自然な人。お礼を言って駅に向かいながら、「素敵だなぁ」と思わず声に出しました。あんな大人に憧れます。

それとは関係ないけど、家で服を着替えて出かけるとき、なんだか気に入らないし冴えない組み合わせの服装でも「あぁ、もういいや面倒臭い。誰に会うわけでもないし」とそのまま出てしまい、街のウィンドウに映る自分を見て「私はなんて格好で銀座に」とか思ったりします。


木版画「見つめ合うとき」(2013年)