2021 | あぁ、楽しや木版画!

2021/01/04 12:53

2021年、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


年が始まるのを楽しみにしていたので明けてくれて嬉しい。時の流れが一年ずつ区切られているって有難いことだなと。一旦終わりが来ることでペースを整えられるし。終わりが無いと息切れしちゃう。


2020年は、ごくごく個人的にも転換期というか、本当に大切な一年でした。今の自分に必要なことに気付きましたし、人の助けを借りながら今年も現在進行形で学んでいます。感情の洪水にあっぷあっぷすることもあれば、いつになく冷静に手順を追うように自分の気持ちを検証する時間も多かったです。

言うなれば今は第二の人生をスタートさせるための準備期間。ちょうどコロナ禍と重なったことも、生きていくことを考える意味では意義深いことでした。じっくり考える時間的余裕を持てたというのも、私にとっては良いタイミングでした。


この準備期間は、ゆで卵の殻を割ってむいていくイメージ。中からまた私がブリン!と今一度生まれるために必要な殻むき。ただこの殻にヒビを入れていく作業がなかなか難しい。何度もある衝突が結構辛い。愛のトンカチで、優しくしたいのはやまやまだけど。


でも、そのおかげで去年は目の前の景色が変わるような、腑に落ちるような瞬間を何度か経験しました。これからの人生がだいぶ生きやすくなると少し確信出来るような、そんな景色です。今までの自分を大いに労ってあげたくなるような、そんな景色。

人は理解し合える、理解し合ってなんぼと三十数年信じて生きてきましたが、今はそれ以上に信頼することが何より欠かせないと思うようになりました。それには対話を丁寧に重ねていく必要があるのだとも。

人間はもともと孤独で不完全であるということを、対話を通して実感として理解できたのも、とても良かった。


なんのこっちゃというハナシですが。

それこそ何年もあとに『それぞれのそれぞれVol.〇〇』として振り返ることができたらそれで良しと思います。


今年も引き続き、殻むき作業。並行して良い作品づくりもしていきたいし。

そして今年は頑張らナイ。今を楽しむことだけに集中します。



木版画『休暇』2020年