「夫・車谷長吉」 | あぁ、楽しや木版画!

2021/08/26 16:48

 先月から「夫・車谷長吉」(高橋順子著/文藝春秋) をちびちび読み直している。
 3年前に買って途中まで読んだあと、ずっと本棚に差しっぱなしだった本である。その3年の間に引っ越しも2回経験した。
 途中までというのは、高橋順子さんが車谷長吉と出会い結婚するまでの話。私はもうそこで気持ちをグッと掴まれてその章を繰り返し読み、笑い、ギョッとし、感動し、満足したままそのあとを読んでいなかった。今見てみると結婚までの章は全277ページ中のたった68ページだ。

 最初に読んだのも7月だったようで、10年メモの2018年7月のまとめ欄にこう書いてある。

印象に残ったこと(順不同)
・車谷長吉と高橋順子さんの出会い。長吉の澄んだ目。
・…

 西日本豪雨災害や、ブラジル先住民の椅子など、箇条書き8項目のトップにこれがあった。
 とにかく、私はこのふたりの出会いや風変わりで純粋な恋愛話の虜だった。

 結婚後の章も面白い。一冊の半分くらいまでくると、強迫神経症を発症した長吉の「狂気」の様子が綴られはじめ、鬼気迫るものがある。読んでいて驚愕したり胸が詰まったりする。
 高橋順子さんは淡々と語っていくのだけど、またユーモアのある人で、読みながらときどき笑いが込み上げる。長吉もかなり個性的だ。狂気ではあるのものの、ふたりの物語は羨ましくもある。

 真っ白なこの本の表紙には、長吉さんが順子さんに描いて送った絵葉書が装画で使われている。長吉さんの絵葉書のセンスに脱帽である。見返しは薄浅葱みたいな色でこれもすごく好き。シンプルで洒落た装丁だなぁ。
 ベッドのそばに置いておいて、朝起きたらパジャマのまま寝っ転がって一日一節だけ読み進める。ちょうど十数ページくらいで、とても私向きのペースだと思う。
 至福の時間のひとつ。